古銭の種類は様々

古銭と一言にいえど、近代銭、記念硬貨、穴銭、一分半金等様々な種類がありますが、古銭の中でも分かりやすく価値が高い古銭は【金貨の古銭】です。日本のものでほとんどの方がご存知なもので言うと【小判】がこれに当たります。小判は主に江戸時代に発行されていた、江戸時代における通用銭になり、ごく僅かな混ぜ物はありますが、成分のほとんどは金でできています。ちなみに、小判に対して大判というものを聞いたことがあるかもしれませんが、小判と大判の違いは文字通り、サイズが異なります。小判をより大きくしたものが大判であり、古銭としての価値は大判のほうがはるかに高くなっています。話を戻しまして、上記の事から小判は現在でいうと「純金」の古銭なのです。 つまりは、そもそも金属としての価値が高いので基本的な価値の高さが約束されているというわけです。ですが、小判は単純に金属としての価値がでけでは推し量れません。小判はあくまでも「金」に加えて「古銭」なので、骨董品のようにプレミア価値が当然に上乗せされます。そして、小判は江戸時代に主に鋳造された古銭なので、金のリングなどと比べると、同じ質量であっても価値の高さは大きく開きます。 その為、古銭を購入しようとする場合はかなりの金額を費やす覚悟が必要ですし、逆に小判を売ろうと考えているのであれば、買取価格はお小遣いの範囲を超えた価格で買取してもらうことが可能です。

古銭とう名の素晴らしき世界