古銭の買取価格って?

古銭の買取価格を決定するために、いくつかの要素が存在します。まず、一つは古銭自体の価値の高さです。古銭には小判や記念硬貨、金銭銀銭などの種類があり、古銭自体の価値も様々で、古銭の価値が高ければ単純に買取価格は高くなります。 最も高い価格で取引されるのは【大判】です。※大判とは単純に言うと、小判の大きいものと考えてもらって大丈夫です。 逆に価値があまり高くないものとしては寛永通宝といった【有名な銅銭】です。これらは有名な古銭ではありますが、鋳造量や現存数の関係から価値が低くなりやすいといわれていますが、実はそんな古銭でも高く売れる場合があります。 それがもう一つの要素、エラー銭のような特殊な希少性です。 有名なものでいうと現代銭の50円玉の穴の位置がずれているものです。古銭にもこのようなエラー銭という概念が存在し、また、同じ古銭であっても、鋳造された場所の違いで、一見全く同じ寛永通宝だとしても実は希少性の高い寛永通宝だという場合もあります。こういった特殊な希少性も古銭の買取価格が大きく左右される要素なのです。

古銭とう名の素晴らしき世界