古銭とお守り

はるか昔から、古銭をお守りに使用する事があります。あまりピンとこないかもしれませんが、中国や韓国、台湾などを中心にアジア諸国に古くから伝わっており、アジア諸国の歴史映画を見たことがある人であれば、「そういえば古銭みたいなものをお守りに・・・」とピンとくる方もいらっしゃるかと存じます。 古銭をお守りにするという文化は、アジア諸国の中でも中国が特に強いといえます。 中国は風数が本場という事もあり、様々な種類の古銭のお守りが存在し、現代もなお古銭をお守りとして使用しています。袋の中に入れたり、古銭を連ねてストラップのようにしたりする一般的なお守りのようにする方法もありますが、中国では風水に則っているいるという事から、住宅のインテリアも兼ねて古銭をお守りの一種として使用しています。 ストラップのように連ねたりお守りの中に古銭を入れて持ち歩くという事は日本でも一般的ですし、昔からお金にゲン担ぎをすることから、「古銭をお守りに…」という文化は日本でも根付いている文化なのですよ。

古銭とう名の素晴らしき世界